スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  登ろういぶりの山 山登りまち巡りガイド-ホロホロ山-


最終更新日:2013年3月25日(月)

登ろういぶりの山 山登りまち巡りガイド

登ろう いぶりの山
鷲別岳
カムイヌプリ
樽前山
オロフレ山
来馬岳
ホロホロ山
徳舜瞥山
伊達紋別岳
昆布岳
有珠山
山プラスα 観光情報
室蘭市
苫小牧市
登別市
伊達市大滝区白老町
伊達市
豊浦町
壮瞥町洞爺湖町
東胆振3町
リンク
胆振の天気
道路交通情報
いぶりの 山を楽しむ
概要・主な山
準備をしっかりとマナー&ルール
雨の日 セカンドプラン
プリン篇
カレー篇
体験施設篇
緊急連絡先
当サイトの情報
ホロホロ山
ホロホロ山
標高 1322.3m
おススメのルート:白老コース
この山の特徴は
  • 胆振エリアで最も高い山。経験者は変化に富んだ登山を、初心者は手ごたえ充分の登山を、それぞれ味わえます。
  • 支笏・洞爺国立公園に隣接しており、山頂からは支笏湖・洞爺湖をはじめ羊蹄山や恵庭岳、札幌周辺の山々まで望むことができます。
  • 徳舜瞥山まで約30分の縦走ルートがあり、2つの山を手軽に楽しめます。
おすすめPOINT
  • 登山道は、起伏に富み、休憩ポイント、眺望ポイントもたくさん。
  • 広い休憩スペース、元気を回復させてくれる眺望、のタツニタイ見晴台。
アクセス

バスなどの公共交通機関はありません。

大滝区道道453号より道道86号へ入り白老方面へ走らせると林道入口あり。また白老ICより道道クルマ86号で向かうルートもあり。

  • 約7~8台、砂利、無料。
  • 三階滝公園に2箇所。白老方面からはホロケナシ
    駐車公園を利用。どちらも多目的トイレあり。
  • なし。三階滝公園にはレストラン・売店あり。
  • 登山口までの林道は砂利で凸凹が数箇所あり。

ホロホロ山

GoogleMpaを表示

山登り参考ガイド図
ワンポイントアドバイス
  • 登山道は、山岳会の整備が入っており、ポイントごとに看板・マーカー・ピンクテープなどの目印が有りますので、山に慣れていない人でも迷わずに歩けるルートです。何箇所かある沢渡りや岩登りは、慎重にゆっくりと進みましょう。
  • 徳舜瞥山までは縦走ルートで約30分の距離ですが、白老側のホロホロ山と大滝側の徳舜瞥山は、隣同士の山でありながら天候が大きく変わることもよくあります。雨具などの装備を忘れずに、天気情報などをしっかり確認して登りましょう。

北海道山岳ガイド協会

登ってみました
道道から林道に入ると4.4kmのダートを約15分。間違ったかな?と思う頃、駐車場に出ます。石流れ防止はゴム製なので踏み越えて。
7~8台が停められる駐車場。すぐ脇を流れる沢のせせらぎと、小さな滝の音が聞こえます。目の前の登山口でルート確認と入山届け。
緑と鳥の声と清流、まさに自然の中を歩いている自分を実感します。そんな沢渡りが数ヵ所。ホロホロ登山のお勧めポイントです。
手作りの可愛いはしごがありました。管理されている方の、気遣いと遊び心を感じます。
ピリカの沢を渡った後、岩場を登って行きますが、突き当りを左です。足元ばかり気にして案内の表示を見落とさないように!(体験談;;)
お助けロープを伝ったり、木の下をくぐったり、自分の中にある子供の冒険心を楽しませてくれる、アスレチック感覚のコースです。
林道合流点。雨降り後など足場の悪い時は、沢渡りを迂回する林道もあります。ここまで40分あまり、林道経由だと60分程度。
マチャッペの松でひと休み。支笏湖を望む眺めも良く、恰好の休憩場所です。この辺りから先は、振り返ると支笏湖が応援してくれます。
7合目タツニタイ見晴台。白老方向には太平洋も見えます。「自然の大作ホロホロの桜」の立札。次回は春に来てみましょうか。
タツニタイから見える支笏湖。恵庭岳、風不死岳にはさまれている姿が一望できます。天気に恵まれて写真を撮りまくりました。(^-^)v
日常では「上に向かって伸びるもの」と思っていた木。山ではそうとも言えません。こんな形になる過程に、想像が膨らみます。
山頂が近づくと切り立つ岩場。よく見るといろんな形で美しいんです。登る自分もかっこいい?広い庭があれば飾ってみたい…
登頂感に浸ったあとは、羊蹄山を背景に山頂看板をパチリ!奥にはニセコ連峰も見えます。360度のパノラマを楽しみましょう。
有珠山はもちろん、洞爺湖の温泉街まで確認できます。噴火湾の向こうには、ぼんやりと渡島半島の海岸線も見えていますよ。
山頂からはこれまで以上に支笏湖の湖面がよく見えます。その向こうに広がる石狩平野。この風景を撮り放題の天気に感謝!
ひとしきり眺望を楽しんだら、お隣の徳舜瞥を目指しましょう。行って戻って約1時間のオプショナルコースです。
稜線を下った所はブッシュです。細いけれどちゃんと道があるので、横に逸れないように。足元を確認していると可愛い花も見られますよ。
徳舜瞥山頂の直前は石畳。やや傾斜もきついので、途中で休む登山者もいます。右には横に向かってまっすぐ生える木々が見えました。
全体の感想

隣の徳舜瞥が「岩の山」だったので、同じイメージで登り始めましたが、ホロホロ山の登山道は、また違う魅力を持っていました。林道合流点までの前半は、変化に富んだアスレチックコース。清涼感あふれる沢渡り、お助けロープに木の下くぐり。大人でも童心に戻って楽しめます。「北海道自然100選の山」記念の看板が立つ林道合流点以降の後半は、山頂を目指してほぼまっすぐに登っていく山道です。マチャッペの松、タツニタイ見晴台だけでなく、疲れを感じて振り返るといつも支笏湖が見える、支笏湖好きσ(^^; にはイチオシの道。変わった形の木々を観賞し、最後の岩場をクリアすると山頂が待っています。360度のパノラマは見応え満点でした!ホロホロ山では合目や名所等の案内に、立派な石造りの標識がいくつもありました。他山では見られなかったので、印象に残っています。次回は「ホロホロの桜」を目当てに、時期を合わせて登ってみようと思いま~す!(^0^)/

TOPに戻る