スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  登ろういぶりの山 山登りまち巡りガイド-徳舜瞥山-


最終更新日:2013年3月25日(月)

登ろういぶりの山 山登りまち巡りガイド

登ろう いぶりの山
鷲別岳
カムイヌプリ
樽前山
オロフレ山
来馬岳
ホロホロ山
徳舜瞥山
伊達紋別岳
昆布岳
有珠山
山プラスα 観光情報
室蘭市
苫小牧市
登別市
伊達市大滝区白老町
伊達市
豊浦町
壮瞥町洞爺湖町
東胆振3町
リンク
胆振の天気
道路交通情報
いぶりの 山を楽しむ
概要・主な山
準備をしっかりとマナー&ルール
雨の日 セカンドプラン
プリン篇
カレー篇
体験施設篇
緊急連絡先
当サイトの情報
徳舜瞥山
徳舜瞥山
標高 1309m
おススメのルート:鉱山跡コース
この山の特徴は
  • 山頂からは、ニセコ、羊蹄山、支笏湖、恵庭岳等の山々、遠くに太平洋など、360度の展望を楽しめます。
  • よく整備された、初心者でも歩きやすい登山道があります。
  • 胆振最高峰のホロホロ山までの縦走で、手軽に2つの山を楽しめるため人気の高い山です。
おすすめPOINT
  • コースの前半、川の音を聞きながらの道で自然を体感。
  • アスレチックス気分を味わえる倒木の一本橋。
  • 9合目過ぎの、ハイマツ樹林帯越しの眺望が魅力。
アクセス

登山口付近までの公共交通機関はありません。

大滝区道道453号より道道86号へ入り三階滝公園向かいの道を上り(約10分)看板より左折(約4分)

  • 約15台前後、舗装、無料。
  • なし。三階滝公園周辺にあり(多目的トイレ)。
  • なし。三階滝公園にレストラン・売店あり。
  • 駐車場より約1~2分登ると登山口、入山届BOXがあり。

徳舜瞥山

GoogleMpaを表示

山登り参考ガイド図
ワンポイントアドバイス
  • 全体的に歩きやすい登山道ですが、出だしは岩道を進みますので、しっかり足場を確保しながら登りましょう。ストックなどを持参すると転倒防止に効果的です。
  • ホロホロ山への縦走ルートは、片道約30分で手軽に楽しめる距離ですが、やや足場の良くない場所がいくつかあり、風が崖下から吹き上げてくることもあるので、気持ちを引き締めて歩いてください。

北海道山岳ガイド協会

登ってみました
舗装された駐車場には15台程度は停められます。ただし停止線はなく形も変わっているので、一番先に行くと停め方に悩みむかも。
登山口までは少し歩きます。大きめの石がゴロゴロしていて、早くも登山気分。(実はこの区間が、帰りはけっこうしんどかった…)
静かな森の入口で入山届けを記入します。ここは5合目に当たり、「山頂まで約100分」との案内がありました。
出だしは岩場の登り。身体と足を慣らしながら歩き始めます。左側には1mくらい上ったところに平行して細い道があります。
岩場を抜けて木立の登山道に入りました。でもあちこちに土の中から岩が顔を出しています。「岩の山」。そんな印象です。
倒木が一本橋のように水のない沢を渡っています。冒険心をそそられて、バランスをとりながらクリア!自信がなければ下に迂回できます。
一本橋の先には湧き水とベンチの休憩スポット。でもエキノコックスの心配があるので、湧き水は我慢して一休みだけしました。
岩でできた坂を登っていきます。徳舜瞥の登山道には岩場が多いので、靴底のクッションに気を使えば良かったと、後で思いました。
ふと見上げると、木立の隙間からのぞく青い空と白い雲。いろんなものに包まれて、道のりは続きます。
7合目旧道分岐点。旧道方面はテープで封鎖されていますが、下山時万が一にも間違えないように、しっかりチェック!
登山道を横切るシマリス。道端に咲く色鮮やかな花々。何に会えるかは日によって、人によって違うでしょう。一期一会ですね。
少しガスがかかってきました。雲の隙間からは辛うじて大滝の町が見えます。あちらから見たら、私は雲の中にいるわけです。
山頂部へ登りきると、ホロホロと徳舜瞥の分岐。標識の「徳心別山」はホロホロ山を示しています。まずは右、山頂へ行ってみましょう。
山頂に到着!
写真の羊蹄山や渡島半島に支笏湖、360度見渡せる開放感と達成感をお裾分けします。
岩肌を手前に有珠山、洞爺湖から噴火湾方向を眺めていると、心地よい風が吹き抜けていきました。
一服したら、すぐそこに見えているホロホロ山に向かいます。片道30分の追加コース、行かない手はないでしょう。p(^-^)q
稜線の中ほどは、岩の山頂とは別世界の鬱蒼とした茂みです。小さな花がそこここに咲いていて、小動物の気配もありました。
この岩を越えれば、目指すホロホロ山!
でも本当に越えられるのかな?
(※越えられました)
全体の感想

徳舜瞥の印象を一言で言うなら「岩の山」。剥き出しの岩で囲まれた山頂の荒々しさが、強く心に残りました。遠景を撮るときも、手前に配置したくなる岩の力強さ。十分広い山頂では、準備の良い登山者がコーヒーを沸かして楽しんでいましたよ。6合目手前の一本橋は、遊び心が疼きます。見たらたぶん渡りたくなります。実際一緒になった登山者も、残らずバランスをとって渡っていました。でも落ちたら痛いですから、自信のない人は迂回する勇気を持ちましょう。(^^)写真で気づいたかも知れませんが、実は徳舜瞥山頂には2回行っています。最初は雲で岩しか撮れなかったので、ホロホロ山に登った時に再挑戦。見事、羊蹄山や洞爺湖を押さえることができました!しかも2回とも山頂で同じ山ガールに会えるというおまけ付き。何度でも訪れたい山ですね。次回はクッションのいい中敷とコーヒーの準備をして行きます!

TOPに戻る