スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  登ろういぶりの山 山登りまち巡りガイド-いぶりの山概要いぶりの主な山-


最終更新日:2019年2月27日(水)

登ろういぶりの山 山登りまち巡りガイド

登ろう いぶりの山
鷲別岳
カムイヌプリ
樽前山
オロフレ山
来馬岳
ホロホロ山
徳舜瞥山
伊達紋別岳
昆布岳
有珠山
山プラスα 観光情報
室蘭市
苫小牧市
登別市
伊達市大滝区白老町
伊達市
豊浦町
壮瞥町洞爺湖町
東胆振3町
リンク
胆振の天気
道路交通情報
いぶりの 山を楽しむ
概要・主な山
準備をしっかりとマナー&ルール
雨の日 セカンドプラン
プリン篇
カレー篇
体験施設篇
緊急連絡先
当サイトの情報

いぶりの山を楽しむために

いぶりの山の概要

  • 胆振地方は、東西約150km、南北約100kmと東西に細長いエリアです。地形の面からみると、東部と西部で特徴が大きく分かれます。

    西胆振エリアは、変化に富んだ海岸線、海から内陸に向けて平坦地、丘陵地、山岳と続く地形となっています。ほぼ中央に洞爺湖があり、その周辺に多くの山が並んでいます。東胆振エリアは、勇払平野などの平坦地を中心に、西には支笏湖、樽前山、束には丘陵地が広がっています。こうした地形の特徴のため、胆振の山は、西胆振エリアに多く集まっています。

  • 山の成り立ちでみると、現在も活動を続けている樽前山、有珠山などをはじめとする活火山や、火山活動によって形づくられたものが多くなっています。また、むかわ町穂別地域などを中心に、日高山脈の造山活動などの、地形変動によるものもみられます。

    山登りという面からみると、本格的な技術や装備の必要な山は少なく、登山経験が長くない人でも手軽に登山を楽しめる山がほとんどです。また、胆振地方の「雪融けが早く、雪の降るのが遅い」という気候から、山に親しめる期間が長いことも大きな特徴です。

いぶりの主な山

山の数え方によって多少の違いはありますが、胆振地方には40~50ぐらいの山があるとされています。北海道には、旭岳をはじめ2000m級の山が10山ほどありますが、胆振の山で2000mを超える山はありません。

最高峰はホロホロ山1322.3mで、すぐ隣の徳舜瞥山が1309m。この2山を含めて1000m以上の山が7山、900m級が2山、800m級が2山などとなっています。胆振の山のうち、このガイドブックに掲載した主な山は次のとおりです。

このサイトで紹介する主な胆振の山は次のとおりです。

名 称 所在地 標 高 特 徴
(1)昆 布 岳 豊浦町 1044.9m なだらかな裾野と尖った山頂部が特徴的です
(2)有 珠 山 壮瞥町・洞爺湖町・伊達市 733m 火山の迫力を間近で感じ取れます
(3)伊達紋別岳 伊達市 714.6m シラネアオイの群生地として有名です
(4)徳舜瞥山 伊達市大滝区 1309m ホロホロ山と双耳峰を成し、縦走もできます
(5)ホロホロ山 伊達市大滝区・白老町 1322.3m 胆振エリアの最高峰です
(6)オロフレ山 登別市・白老町・壮瞥町 1230.7m 崖や岩肌など自然の豪快さを堪能できます
(7)来馬岳 登別市 1040.1m 開放的なスキーコースから登れます
(8)カムイヌプリ 登別市 746m 室蘭市街や太平洋などを一望できます
(9)鷲別岳(室蘭岳) 室蘭市・登別市 911.1m 体力・レベルに合わせて3コースを選べます
(10)樽前山 苫小牧市 1041m 珍しい三重式火山で外輪山の周遊を楽しめます
(11)坊主山 むかわ町穂別地区 790.6m 東部地区で360度の眺望が楽しめる穴場です

いぶりの山 Q&A

Q1 胆振でいちばん高い山は?
A 伊達市大滝区にあるホロホロ山1322.3mが最高峰。そこから尾根づたいに行ける徳舜瞥山が1309m、有名なオロフレ峠を抱くオロフレ山が1230mで、この3山が胆振の山の高峰ベスト3です。
Q2 山にも天然記念物があると聞きました。胆振にもありますか?
A 壮瞥町の昭和新山は、1957年(昭和32年)に国の特別天然記念物に指定されています。また、苫小牧市の樽前山は、世界でも珍しい三重式火山で、頂上にある溶岩円頂丘は、北海道の天然記念物に指定されています。
Q3 噴火の心配のある山はありますか?
A 胆振には現在でも活動中の山がいくつかあります。有珠山と樽前山は、常時観測火山として継続的な観測が取り組まれ、活動によっては登山ルートが規制されることもあります。また、倶多楽火山も活火山指定を受けて観測体制がとられています。
TOPに戻る