スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  登ろういぶりの山 山登りまち巡りガイド-準備をしっかりとマナーとルール-


最終更新日:2013年3月24日(日)

登ろういぶりの山 山登りまち巡りガイド

登ろう いぶりの山
鷲別岳
カムイヌプリ
樽前山
オロフレ山
来馬岳
ホロホロ山
徳舜瞥山
伊達紋別岳
昆布岳
有珠山
山プラスα 観光情報
室蘭市
苫小牧市
登別市
伊達市大滝区白老町
伊達市
豊浦町
壮瞥町洞爺湖町
東胆振3町
リンク
胆振の天気
道路交通情報
いぶりの 山を楽しむ
概要・主な山
準備をしっかりとマナー&ルール
雨の日 セカンドプラン
プリン篇
カレー篇
体験施設篇
緊急連絡先
当サイトの情報

いぶりの山を楽しむために

準備をしっかりと

登山服装・準備するもの
山の「三種の神器」といえば靴・雨具・ザックです。また、地図、疲労時のエナジーフードなどを持ち歩くと、より安全に登山を楽しむことができます。
防寒対策
天候は、高度により大きく変わります。天候や気温により脱いだり着たりできる「重ね着」が、山の服装としては最も適しています。レインウエアは、防水でありながら内部の湿気などを逃がす素材のものなどが適しています。
また、「標高が100m上がると気温は約0.6度下がる」「風速が1m増すと体感温度は約1度下がる」といわれています。平地の感覚で山歩きをすると、急な天候悪化などで体温を奪われ低体温症になるなどの危険も高まります。念には念をいれて防寒対策されるようお勧めします。
事前の気象チェック
山歩ぎは、気象条件によって大ぎく左右されます。計画・出発のさいには、でぎるだけ最新の気象情報を入手しておくようにしましょう。天候が荒れることなどが見込まれる場合は、登山を延期・中止することも大切ですので、適切な判断をお願いいたします。
山で遭難しないために
身近な登山を楽しめる山であっても、ルートなどを調べずに行くと、道に迷ったり、分かりにくい場所でルートから外れたりすることが起こります。事前にルート・コースの確認をし、地図も携帯するようにしましょう。また、登山道などの案内看板やピンクテープなどを見落とさないよう、周りも確認しながら歩くよう心がけましょう。
ケガや事故に備えて、登山ロの入山届ポストなどで、入山届の提出・記入をするようにしましょう。
疲れない歩き方
山に慣れていない人の多くはオーバーペースになりがちで、体力を消耗してしまいます。
「疲れない歩ぎ方」はありませんが、「疲れにくい歩き方」は工夫次第ででぎます。
歩く速度は、「呼吸が苦しくならない程度」を保つと疲労が蓄積されにくくなります。また、歩幅を小さくすることで体重移動などの筋肉の負担を軽減することができます。ストックなどを使うのも有効ですが、頼りすぎは禁物です。あくまで左右のバランスを保つような使い方で活用していぎましょう。

山の安全のためのマナーとルール

動植物を守る
山には、貴重な高山植物や動物が多くみられますが、高山植物など持ち帰ったり、動物を捕獲する行為は厳禁です。持ち帰るのは「思い出」とし、写真にとって帰りましょう。また動物に食料を与えることも避けてください。白然の生態系を壊さないように山を楽しみましょう。
環境を守る
ゴミの持ち帰りは、山登りでの基本マナーです。持ち込んだものは全て持ち帰りましょう。
タバコを吸う人は携帯灰皿を用意し、火の始末もしっかりと確認しましょう。山火事などを防ぐためにも、歩きながらのタバコは控えましょう。
登山でのトイレ
登山道や山頂にはトイレのない所がほとんどです。山に入る前にトイレを済ませてから出発しましょう。やむを得ずに登山中に行う場合には、携帯トイレを持参し利用するよう心がけましょう。このガイドブックでも、登山時に利用できる最寄りのトイレの場所をできるだけ紹介してあります。

もしヒグマに出会ったら!?

ヒグマに出あったときに背中を見せて逃げるのは「より危険を高める」と言われています。目をそらさずに後ずさりして離れるようにしましょう。また物を置いて気をそらせるのも有効とされています。あわてずに様子を見ながら離れることが大切です。登山中は、熊よけの鈴やラジオなどで音を出して自分の存在を知らせるようにし、遭遇する可能性を下げるようにしましょう。

スズメバチに刺されたら…

蜂は、色の濃いものや、香水などの匂いのきついものによってくる習性があります。なるべく黒い色の服などは避けましょう。もし万が一刺された場合、冷たい水などで患部洗い流し、毒をポイズンリムーパーなどで吸出して、できるだけ早めに病院へ行きましょう。気分が悪くなったらショック症状の可能性もありますので、登山途中でも無理せずに病院に行くことが大切です。

TOPに戻る