スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 森林室 > 森林室 >  SGEC森林認証取組サンプル


最終更新日:2018年6月12日(火)


SGEC森林認証取組サンプル


SGEC森林認証取得の取り組み

1)道有林胆振管理区(むかわ町)では、平成24年12月26日付けでSGEC森林認証を取得(JAFTA-042)しました。

 ○道有林胆振管理区における森林認証取得の取り組み へのリンク

■認証基準に基づく評価結果(H24.12月、取得時)

 評価

 指摘事項

 摘要

 懸念1  持続的な森林経営のため、人工林の齢級構成面積の平準化に期待する 「懸念」:改善を図る視点から、審査員が指摘するもので拘束力をもたない
 懸念2  森林管理認証や認証材の一層の普及を期待する
 改善1  生物多様性の保全について、文書化されることを望む 「改善」:なお改善を期待する事項  

 改善2  生物多様性に関し、従業員に対する教育訓練を実施することを望む
 改善3  道有林でのモニタリング実施システムの改善を期待する

H25定期審査

 

2)平成25年度SGEC森林管理認証定期審査

 ・平成25年9月13日(金)、認証機関((一社)日本森林技術協会)による第1回定期審査を受けました。

 ・平成25年12月28日(水)、SGEC森林認証審査判定委員会において「認証基準などに則り適切に管理、経営されており」妥当であるとされました。

■指摘事項の措置状況

 評価

 平成25年度の改善、措置状況

 審査

 懸念1  胆振管理区整備管理計画書(H25~H34)の中で、「人工林資源の平準化」について謳っている  今後、改善が図られると考える→措置済み
 懸念2

1)ホームページ等により、関係機関に広く周知した 2)認証事業体に対し、認証林産物証明書を発行した 3)地域材の利用推進に取り組む、むかわ町の活動を支援した

 胆振において認証取得の動きが具体化している→措置済み
 改善1

1)「油類取扱い」を定め職員、事業者に周知した 2)「管理区における動植物の取扱い」を定め職員に周知した 

 →措置済み
 改善2

1)「管理区における動植物の取扱い」を定め職員に周知した 2)道が主催する生態系保全技術研修に職員を出席させた 

 →措置済み
 改善3  「自己評価要領」に基づき森林情報調査、森林管理・施業影響モニタリングを実施した  →措置済み

 

3)平成26年度SGEC森林管理認証審査

 ・平成26年9月16日(火)~18日(木)、認証機関による第2回定期審査を受けました。

 ・審査には書類審査と現地審査がありますが、現地審査は本年度から同時期に取得したオホーツク西部・東部、胆振管理区の中からの2カ所抽出サンプリングにより行われ、胆振管理区は抽出から外れたため、現地審査は行われませんでした。 

 ・平成26年12月24日(水)、SGEC森林認証審査判定委員会において「認証基準などに則り適切に管理、経営されており」妥当であるとされました。

 

4)平成27年度SGEC森林管理認証審査 NEW 

  ・平成27年9月1日(火)~3日(木)、認証機関による第 3回定期審査を受けました。 H27定期審査の様子
 ・このうち、胆振管理区の現地審査は9月3日(木)に行われました。現地審査の箇所は次のとおりです。
 

■平成27年度 胆振管理区の現地審査箇所

 施業の内容

 認証基準

 審査のポイント

 1)むかわ町との所管を超えた一体的な森林整備(植栽)  社会・経済的便益の維持及び増進/森林生態系の生産力及び健全性の維持  ・地域と連携した森林づくり
 2)むかわ町穂別産化石恐竜化石発掘調査箇所  社会・経済的便益の維持及び増進  ・化石発見と保存の取組
 3)むかわ町埋蔵文化財包蔵地発掘箇所  社会・経済的便益の維持増進  ・遺跡保存の取組
 4)むかわ町との所管を超えた一体的な森林整備(間伐)  社会・経済的便益の維持増進  ・地域と連携した森林づくり
 5)ウダイカンバ人工林の密度管理試験 森林生態系の生産力及び健全性の維持  ・試験成果の普及

  ・平成27年12月25日(金)、SGEC森林認証審査判定委員会において、認証規格への適合が認められ、認証の維持が決定されました。

5)平成28年度SGEC森林管理認証審査

 ・平成28年9月7日(水)~9日(金)、認証機関による第4回定期審査を受けました。

 ・審査には書類審査と現地審査がありますが、現地審査は本年度から同時期に取得したオホーツク西部・東部、胆振管理区の中からの2カ所抽出サンプリングにより行われ、胆振管理区は抽出から外れたため、現地審査は行われませんでした。 

 ・平成28年12月26日(月)、SGEC森林認証審査判定委員会において「認証基準などに則り適切に管理、経営されており」妥当であるとされました。

 

6)平成29年度SGEC森林管理認証審査

 ・平成29年11月7日(火)~9日(木)、認証機関((一財)日本ガス機器検査協会)
による更新審査を受けました。

 ・このうち胆振管理区(むかわ町)の書類及び現地審査は、11月7日(火)に行われました。
現地審査の箇所は次のとおりです。

書類審査            現地審査                            書類審査                              現地審査

■平成29年度胆振管理区(むかわ町)の現地審査箇所

                
                 施業の内容

       認証基準        審査のポイント 
 1)カラマツ人工林複層林施業
  (植栽)
 森林生態系の生産力及び健全性の維持/モニタリングと情報公開  ・人工林の施業方法及びモニタリング
  の実施状況
 2)トドマツ人工林間伐 森林生態系の生産力及び健全性の維持/社会経済的便益の維持及び増進   ・間伐の実施状況
 ・産出林産物の有効利用への取組状況
 3)木製ダム  社会経済的便益の維持及び増進   ・産出林産物の有効利用への取組状況


(参考:リンク)

SGEC認証森林におけるモニタリング結果の公表 へのリンク

道有林胆振管理区の花(2012~2014)写真編 へのリンク

2017認証書