HIV(エイズ)検査

 

HIV・エイズについて

                                                 redoribbon1.jpg     レッドリボン エイズへの理解と支援のシンボル

★HIVはウィルスの名前、AISD(エイズ)はHIVによって起こる病気です

  ・HIVウィルスに感染することで、身体の免疫力が低下し、様々な病気を発症した状態が「AIDS(エイズ)」

      です。

  ・年齢や男女に関わらず、誰でも感染の可能性があります。  

  ・エイズを予防するワクチンはまだ開発されていません。 

  ・HIVに感染すると感染から数週間以内に、風邪に似た症状がでることがありますが、その後は何年も無症

   状な ので、感染の有無は検査を受けなければわかりません。

★日本の状況

  ・大都市の新規エイズ患者数、HIV感染者数は共に、横ばい状態にあります。

★北海道の状況

  ・報告数は高く推移し、エイズ感染に気づいたときには、すでにエイズを発症している(いきなりエイズ)こと

      が多い傾向があります。 

★HIV感染症の治療は進歩しています

  ・HIVの治療は進歩しており、最近では1日1回1錠の服用ですむ薬も開発され、副作用も軽減して

   います。

  ・早期に治療を始めることでエイズ発症を予防したり、発症しても他の慢性疾患と同じように日常生活を送る

   こと ができ、他の人への感染を防ぐこともできます。

★感染経路

  ・感染経路は、性交渉による感染、血液を介しての感染、母子感染があります。

  ・日常生活において、性交渉以外で感染することはまずありません。

  ・輸血による感染を防ぐため、厳重な検査をおこなっています。母親から赤ちゃんへの感染を防ぐため、医

   療機関において最新の対応がとられています。

★感染予防  

HIVは予防することができます。あなたとあなたの大切な人のためにHIV検査を受けましょう。

◎性行為による感染を予防するためには、コンドームを正しく使用することが大切です。

◎自分自身、そしてパートナーを守るために、破損のないコンドームを最初から最後まで使うようにしましょう。  

◎他の性感染症にかかっていると、HIVに感染しやすくなるため、放置せず、パートナーと一緒に治療するよう 

 にしてください。


苫小牧保健所のHIV検査

          

              

 即日検査

匿名・無料

 ・検査結果は90分後にお知らせします。一次検査で陰性でない場合は、二次検査を

   行 い、結果は約2週間後にお知らせできます。

 ・匿名で受けられ、プライバシーは守られます。

 ・原則無料で受けられます。(ビザ取得を目的とした検査等は有料)

 検査は完全予約制

 ・検査は月に3回。

 ・年2回、夜間検査を実施していま す。                    

    今年度の検査日程

   エイズ相談専用電話 0144-35-7474

                (8:45~17:00)                                     

 検査を

受ける時期

   ・通常は約4週間で抗体が検出されますが、感染していないことをはっきりさせるため

  には約12週間後の検査が必要です。

 ・検査は感染の可能性のある日から3ヶ月以上経ってから!!


カテゴリー

お問い合わせ

胆振総合振興局保健環境部苫小牧地域保健室(苫小牧保健所)企画総務課

〒053-0021苫小牧市若草町2丁目2番21号

電話:
0144-34-4168
Fax:
0144-34-4177

page top