北海道胆振総合振興局のホームページ/胆振の概要 -工業-

胆振の概要

工業

  • 管内の製造品出荷額等は約2兆4,648億円で、全道の約40.1%を占めています。(平成24年工業統計調査)
  • 管内の工業構造は、製造品出荷額の約88.6%が石油精製、鉄鋼、自動車部品、紙・パルプなどの業種で占められており、かつ、大規模事業所のウエイトが高いという特徴を持っています。
  • 大幅な円高や世界経済の減速により管内の大規模事業所も影響を受けましたが、自動車部品製造事業所などで増産の動きも出てきており、回復の兆しが見られています。
  • 管内への工場の進出の動きとしては、室蘭市内では、新日鐵住金(株)室蘭製鐵所構内において、自動車用ばね製造の(株)むろらん東郷が平成24年5月に操業を開始したほか、愛知県豊田市の自動車のマニュアルトランスミッション用ギアを製造する大岡技研(株)も同構内において平成25年6月に一部操業を開始しています。また、安平町には愛知県犬山市の自動車部品の金型設計製作を行う名古屋特殊鋼(株)がメイトク北海道(株)を設立し、平成24年12
    月から操業を開始しており、さらに苫小牧市のトヨタ自動車北海道(株)の敷地内でも愛知県田原市の日本で唯一のCVT(自動車用無段変速機)用金属ベルト生産の専門会社である(株)シーヴイテックが(株)シーヴイテック北海道を
    設立し平成26年2月に操業を開始するなど、近年、自動車関連企業の進出の動きが活発化しています。

カテゴリー

page top