ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  洞爺湖有珠山ジオパーク

胆振の分類: 教育・文化 > 学校教育・社会教育

最終更新日:2018年8月21日(火)

 


洞爺湖有珠山ジオパーク   English

TOYA-USU
UNESCO

 ジオパークは「大地の公園」です。
 目の前にある風景はどのようにしてできたのでしょう?ふだん、当たり前に見ている山や丘、海岸など、大地のかたちは、実は、何万年、何億年という、長い時間をかけてつくられたものです。豊かな森や動物、そして私たちの暮らしも、その中で育まれてきました。そこには、さまざまな「大地のものがたり」が隠されています。
 生きている地球と、生命とのつながりを、楽しく学べる貴重な場所。それが、「ジオパーク」です。

 ジオパークになるためには審査を受ける必要があります。洞爺湖有珠山ジオパークは2009年に世界ジオパークとして認められました。その後、2015年の11月に、世界ジオパークはユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の正式な認定を受け、現在は「ユネスコ世界ジオパーク」として取り組んでいます。
 洞爺湖有珠山ジオパークのエリアの広さは1,180km2で、伊達市・豊浦町・壮瞥町・洞爺湖町の4つの市と町から成っています。
(ユネスコ世界ジオパークの認定基準などについて詳しくは:UNESCOホームページへ)


ジオパークの見どころ

洞爺湖有珠山世界ジオパークには、たくさんの見どころがあります。

・約11万年前の巨大噴火でできた洞爺湖と約5万年前の噴火で生まれた中島
LakeToya

・2000年有珠山噴火の火口や保存された遺構を巡るフットパス
Footpath


この他の見どころやアクセス情報は、洞爺湖有珠山ジオパークのサイトへ

洞爺湖有珠山ジオパーク

ユネスコ世界ジオパーク・日本ジオパーク

 2016年9月現在、全世界でユネスコ世界ジオパークは120カ所、全国の日本ジオパークは43カ所(世界ジオパーク8カ所を含む)あります。 北海道にあるジオパークはそのうちの5カ所です。

北海道のジオパーク 日本ジオパーク 世界ジオパーク
アポイ岳ジオパーク
(ユネスコ世界ジオパーク)
白滝ジオパーク 三笠ジオパーク とかち鹿追ジオパーク 日本ジオパークネットワーク 世界ジオパークネットワーク

洞爺湖有珠火山マイスター

 洞爺湖有珠山ジオパークには、地域の防災リーダーとなる洞爺湖有珠火山マイスターを認定する仕組みがあります。厳しい試験を経て認定されたマイスター43人(2016年9月現在)が、防災やジオパークの魅力を伝える活動をしています。
Meister

洞爺湖有珠火山マイスター制度について

洞爺湖有珠火山マイスターネットワーク


振興局の取組

 胆振総合振興局では、ジオパークを地域の方、この地域を訪れる方に、より知っていただくための取組を行っています。  2016年には、北海道・日高管内の様似町にあるアポイ岳ユネスコ世界ジオパークの子どもたちと洞爺湖有珠山ジオパークの子どもたちが相互に訪問して、両方のジオパークについて学びました。
excange


胆振四大遺産TOPにもどる


このページの情報はお役に立ちましたか?