スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  避難所運営ゲーム(HUG)北海道版(Doはぐ)


最終更新日:2018年5月15日(火)

避難所運営ゲーム(HUG)北海道版(愛称:Doはぐ)について

 Doはぐは、真冬に直下型地震が発生しガス等が使えないという想定に沿って、250枚のカードで示された様々な条件を、グループで話し合って解決していく「防災教育カードゲーム」です。

Doはぐは、静岡県が開発した避難所運営ゲームHUGに、北海道の積雪寒冷の厳しい気候面や東日本大震災の経験などの観点を加えることにより、道民の方々に避難所生活や避難所運営を自分事としてとらえ、地域の防災対策の課題を見つけやすくすることを目的に、静岡県の使用許諾を得て道が作成したものです。


Doはぐセットについて

 Doはぐセットは、ライトグリーンの手提げケースに、250枚の「カードが6組」、Doゲームの進め方等が記載された「取扱説明書」、講師説明用のパワーポイントデータなどが入った「CD」、さらにDoはぐの活用方法や主なカードの考え方、避難所や避難行動などの説明が記載された「解説書」が収納されています。1セットで40名程度の実施が可能です。

避難所運営ゲーム(HUG)北海道版(Doはぐ)の貸出について

 Doはぐの貸出は、胆振総合振興局の地域政策課までお申し込み下さい。

また、Doはぐの講師(Doはぐマスター)も紹介しますので、お気軽にご相談下さい。

 胆振総合振興局のDoはぐマスター名簿

全道のDoはぐマスターについてはこちらをご覧下さい→Doはぐマスター制度

  ※道庁危機対策課(HPはこちら)や全道市町村でも貸出を行っています。


【担当】

 北海道胆振総合振興局 地域創生部地域政策課

  電話 0143-24-9596   FAX 0143-22-5170



(関係資料)