スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合振興局直轄 > 苫小牧道税事務所 >  自動車取得税・自動車税の特例措置について


最終更新日:2015年3月04日(水)


自動車取得税・自動車税の特例措置について


 自動車取得税・自動車税の特例措置について


自動車取得税の特例措置 
※エコカー減税(新車)・中古車特例・・・平成24年4月1日から平成27年3月31日までの取得

区     分

軽 減 要 件

軽減措置内容

排ガス性能

燃費性能(平成27年度燃費基準)

新車新規
登録

新車新規
登録以外

電気自動車、
プラグインハイブリッド車

非課税

取得価格から
45万円を控除

天然ガス自動車

平成21年排出ガス
基準Nox10%低減
達成車

非課税

取得価格から
45万円を控除

クリーンディーゼル乗用車

平成21年度排出ガス規制適合車

非課税

取得価格から
45万円を控除

 
ガソリン自動車
(ハイブリッド自動車を含む)
乗用車、バス・トラック等
車両総重量2.5トン以下

平成17年排出ガス
基準Nox75%低減
達成車

*1
 +20%以上達成車

非課税

取得価格から
45万円を控除

*2
 +10%以上達成車

税率の80%
を軽減

取得価格から
30万円を控除

*3
 燃費基準達成車

税率の60%
を軽減

取得価格から
15万円を控除

ディーゼル自動車
(ハイブリッド自動車を含む)
バス・トラック等車両総重量
2.5トン超3.5トン以下

平成21年度排出ガス
基準Nox10%低減
達成車

+10%以上達成車

非課税

+5%以上達成車

税率の80%
を軽減

燃費基準達成車

税率の60%
を軽減

平成21年排出ガス
規制適合車

+10%以上達成車

税率の80%
を軽減

+5%以上達成車

税率の60%
を軽減

※平成27年度燃費基準を算定していない自動車の場合、*1平成22年度基準+50%達成車、*2平成22年度基準+38%
 達成車、*3平成22年度基準+25%以上達成車については、特例措置の対象となります。
※エコカー減税の内容は主な自動車を掲載していますので、上記以外にも対象となるものがあります。
 また、衝突被害軽減ブレーキを搭載したトラック・バスなど一定の先進安全自動車やノンステップバス、リフト付きバス、ユニバ
   ーサルデザインタクシーなど一定のバリアフリー車両の取得に係る課税標準の特例措置があります。



自動車税のグリーン化税制 
グリーン化税制とは、地方税における自動車環境対策として、排出ガス及び燃費性能の優れた環境負荷の小さい自動車は、自動車税の税率を軽減(軽課)し、新車新規登録から一定の年数を経過した環境負荷の大きい自動車は税率を上乗せ(重課)する特例措置です。

  環境負荷の小さい自動車に対する軽課(平成25年4月1日から平成26年3月31日までに新車新規登録したもの)
 対象は、電気自動車、一定の天然ガス自動車、プラグインハイブリッド自動車で次の条件を満たす自動車です。

※平成27年度燃費基準を算定していない自動車の場合、*1平成22年度基準+50%達成車、*2平成22年度基準+38%達成車、*3平成22年度基準+25%以上達成車については、特例措置の対象となります。

対 象 自 動 車
電気自動車、一定の天然ガス自動車、プラグインハイブリッド自動車

軽 減 率

平成17年排出ガス基準75%低減国土交通大臣認定車 

*1平成27年度燃費基準+20%達成車

平成26年度の税率を

おおむね50%軽減

*2平成27年度燃費基準+10%達成車

 *3平成27年度燃費基準達成車

平成26年度の税率を

おおむね25%軽減


  環境負荷の大きい自動車に対する重課
適用対象・・・賦課期日(4月1日)現在、新車新規登録後、ディーゼル車の場合は11年を超えるもの、ガソリン車及びLPG車
    の場合は13年を超えるもの
● 税率・・・対象自動車の税率を概ね10%上乗せ
● 対象外・・・電気自動車、メタノール自動車、天然ガス自動車、一般乗合用バス、被けん引自動車、ハイブリッド自動車のうち
  
ガソリンを燃料とするもの


 平成27年度からの改正
これら自動車税のグリーン化税制については、平成26年度税制改正において、軽減対象自動車にクリーンディーゼル自動車(乗用車に限る)が追加されたり、軽減(軽課)・上乗せ(重課)の割合が改正されています。
詳細は、こちらのリーフレット(PDF)をご覧ください。