スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 水産課 >  プラバン工作


最終更新日:2019年2月21日(木)


プラバン工作


やってみよう。

プラバンを作ろう

おやくそく

1 用意(ようい)するもの

準備

2 素材(そざい)

  

  ●いぶりの魚たち 

3 手順(てじゅん)

[1]フ-ドパックの(たい)らな部分(ぶぶん)使用(しよう)するため、はさみで(たい)らな部分(ぶぶん)のみ()()る。 

 

 

 はさみで切る

 

  

 

 

出来上(できあ)がりは(ちぢ)まるので(おお)きめに()

ましょう。    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[2]パックにマジックで()をなぞる。

 

 

 絵を描く

 

 

 

 

 間違(まちが)ったときは、マニュキア()としでふきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[3]はさみで()る。

 

 形に合わせて切る。

 

(かたち)()わせて()ります。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


[4]オ-ブント-スタ-に入れる。

 

 オ-ブンに入れます。

 

 

アルミはくのうえに()れます。

その(うえ)に切り取ったのを()せオ-ブン

ト-スタ-に()れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[5]加熱(かねつ)してちぢめる。

 加熱します。 

 

 

加熱(かねつ)すると、(おお)きくそり()りながら(ちぢ)

はじめ、しばらくすると、また、(たい)らになっ

てきます。

(やく)1/4の(おお)きさになって(ちぢ)むのが()まり

ます。

加熱(かねつ)時間(じかん)は、ワット(すう)により(ちが)いますが、

(やく)60(びょう)(ちぢ)()わります。

加熱(かねつ)しすぎると、()けたり(けむり)が出たりし

ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[6]取り出して押さえる。

  

 取り出して押さえる。

 

やけどに注意(ちゅうい)しながら、(はし)()(さめ)めない

うちに、(いた)など(たいら)らなもので()さえてそり   

(なお)します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[7]仕上げる。

  

 完成

 

ひもを(とお)したり、キ-ホルダ-の金具(かなぐ)をつけて完成(かんせい)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工作トップへ

ぬりえへ