スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 水産課 >  チャレンジ「胆振の魚を使った工作」


最終更新日:2017年6月29日(木)


チャレンジ「胆振の魚を使った工作」


赤チャレ

 

知ろう・見よう・やってみよう 胆振の魚たち

 

 

 

工作しよう。

 

 

管内(かんない)では、(なん)(さかな)がどのくらい

 

水揚(みずあ)げされているかご(ぞん)じですか?

(たの)しみながら、いぶりのお(さかな)関心(かんしん)をもって(くだ)さいね。

()ろう・()よう】

水揚(みずあ)(りょう)

(

 年(   とし)によって(ちが)いますが、平成(へいせい)20年度(ねんど)ではト-タル(やく)(まん)トンあまり漁獲(ぎょかく)されており、魚種(ぎょしゅ)(べつ)順位(じゅんい)では「すけとうだら」がトップでその(つぎ)は、「ほたて」「さけ」と続きます。

  そのほかには、「はたはた」や(おう)(ちょう)()られている「マツカワ」さらには一躍(いちやく)(とき)(さかな)となった「ししゃも」など管内(かんない)では、多種多様(たしゅたよう)(さかな)漁獲(ぎょかく)されております。

 

 統計

 

 

 

 

 

)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 漁獲(ぎょかく)される時期(じき)

  管内(かんない)(ゆた)かな(うみ)(そだ)つ魚たちが「いつ」「どこで」「どのように」漁獲(ぎょかく)されているかその一部(いちぶ)をご紹介(しょうかい)

ます。

魚種名(ぎょしゅめい)

いつ((せい)漁期(りょうき)

どこで

どのように

すけとうだら

10(がつ)~1(がつ)

胆振(いぶり)管内(かんない)豊浦(とようら)鵡川(むかわ))の沖合(おきあい)
(とく)室蘭(むろらん)鵡川(むかわ)沖合(おきあい)

()(あみ)底曳(そこびき)(あみ)

さ     け

(がつ)~11(がつ)

胆振(いぶり)管内(かんない)豊浦(とようら)鵡川(むかわ))の沿岸(えんがん)

定置網(ていちあみ)

ま つ か わ

(がつ)~6(がつ)

胆振(いぶり)管内(かんない)豊浦(とようら)鵡川(むかわ))の沖合(おきあい)

()(あみ)

し  し ゃ も

10(がつ)中旬(ちゅうじゅん)~11(がつ)上旬(じょうじゅん)

苫小牧(とまこまい)~むかわ沖合(おきあい)

こぎ(あみ)

は た は た

1(がつ)上旬(じょうじゅん)~12(がつ)中旬(ちゅうじゅん)

苫小牧(とまこまい)豊浦(とようら)沖合(おきあい)

()(あみ)

ほ た て 貝

1(がつ)~1(がつ)

室蘭(むろらん)豊浦(とようら)沖合(おきあい)

養殖(ようしょく)

                                          ☆その他の道内のお魚を知りたい方は、「北海道お魚図鑑」へ

                                          ☆魚に関する疑問等については「夏休み&冬休み子供相談室」へ

 

【やってみよう】

   ここでは、胆振(いぶり)代表的(だいひょうてき)(さかな)たちを使(つか)った工作(こうさく)(など)をご紹介(しょうかい)します。

  是非(ぜひ)冬休(ふゆやす)みの工作(こうさく)などに使用(しよう)してね☆

 

   

ぬりえ

 

プラバン工作