スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 水産課 >  ホタテガイ釣りに関する注意

胆振の分類: 産業・経済 > 水産業

最終更新日:2017年9月21日(木)


ホタテガイ釣りに関する注意


「ホタテガイ釣り」に関する注意


「ホタテガイ釣り」は、北海道海面漁業調整規則第44条(遊漁者等の漁具又は漁法の制限)第1項第1号違反となります。

 北海道海面漁業調整規則第44条(遊漁者等の漁具又は漁法の制限)第1項第1号に規定される、一般の遊漁者が行える方法の一つに「竿釣り及び手釣り」が定められておりますが、次のことに十分注意して楽しい遊漁をされるようお願いします。

「竿釣り及び手釣り」とは?
 釣糸と釣針を有し、餌又は疑似餌等の誘因物により水産動物を誘因(受動的に待っ状態)し、釣針にかからしめ、釣竿又は直接手に持って釣糸を引き上げ、採捕する行為をいいます。

 このため、漁具(天秤等)をもっぱら海底等を曳くことによってホタテガイに当たった場合、ホタテガイが反射的に貝を閉じることによって天秤(針金等)にかかるものは、「竿釣り及び手釣り」とは言えず「引っかけ」行為になり、この漁具を使用して採捕しようとする行為は、実際の漁獲の有無を問わず違反となりますので十分注意願います。


天秤ハンガー写真



※ホタテガイはプランクトンを食しており、餌等の誘因物によって釣れる水産生物ではありませんのでご理解願います。

啓発用パンフレット(詳細版)A4(H29.9追加)

啓発用ポスター(H29.9追加) 

↑↑ご自由にお使いください↑↑


お問い合わせ
産業振興部水産課漁業管理係 0143-24-9811