スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 林務課 >  2011国際森林年記念「サミット記念の森」植樹のつどいを開催しました。


最終更新日:2011年5月25日(水)


2011国際森林年記念「サミット記念の森」植樹のつどいを開催しました。


2011国際森林年記念「サミット記念の森」植樹のつどい

(共催)洞爺湖町民植樹祭 集合写真

 「北海道洞爺湖サミット」を契機に高まっている地球温暖化防止等環境保全への道民の関心を、協働による森林づくりや北海道環境宣言における「道民一人30本植樹運動」の実行に結びつけるため平成21年6月に洞爺湖町に設定した「サミット記念の森」において、植樹のつどいを開催したのでご紹介します。

日時 平成23年5月15日(日) 植樹のつどい 11:00~11:45
              自然散策等  12:40~13:30
場所 洞爺湖町 ◆植樹のつどい サミット記念の森(西山火口散策路南口)
     ◆自然散策等  洞爺財田自然体験ハウス及び財田遊歩道
             (洞爺湖町洞爺湖財田2-2)
主催 北海道、洞爺湖町(町民植樹祭共催)
連携・協力 胆振林業土木協会
後援 (株)北海道ポッカコーポレーション
内容

1  植樹のつどい
  ◆主催者挨拶
  
 北海道胆振総合振興局 石橋局長   
  ◆歓迎の挨拶
   洞爺湖町 真屋町長
  ◆植樹指導
   北海道胆振総合振興局森林室
   ・大森主査
   ・工藤専門普及指導員
   ・指導林家 佐々木敏男(豊浦町在住)
 ◆代表者による記念植樹
   ・北海道胆振総合振興局 石橋局長    + 洞爺湖町内の子ども
   ・洞爺湖町 真屋町長          + 洞爺湖町内の子ども
   ・北海道水産林務部森林環境局 中島局長 + 洞爺湖町内の子ども
 ◆参加者全員による植樹作業
   クリーンラーチ、トドマツ、カラマツ、シラカンバ 計800本

  ※植樹作業終了後、(株)北海道ポッカコーポレーションさんから、
   このつどいの後援としてご提供いただきましたカートカン製のお茶を
   参加者全員に配付しました。

2  施設見学及び自然散策等
  ◆洞爺財田自然体験ハウスの施設見学
  ◆洞爺財田湖畔遊歩道等のガイドウォーク
   ・ガイド:洞爺財田自然体験ハウス 自然体験業務担当:鈴木さん

3 各会場のご案内
 
マーク 2011国際森林年記念「サミット記念の森」植樹のつどい会場略図(pdf 140KB)
 マーク 「洞爺財田自然体験ハウス」位置図(pdf 160KB)

 

 開会式
 ○ 会場のようす 

会場のようす

 ○ 黙祷 

 はじめに、この度の東日本大震災の犠牲者の方々のご冥福を祈って参加者全員で黙祷を捧げました。

黙祷のようす

 

 ○ 主催者代表あいさつ

主催者あいさつ
主催者代表挨拶

 北海道胆振総合振興局振興局 石橋局長
北海道胆振総合振興局 石橋局長

 主催者を代表して、北海道胆振総合振興局の石橋局長から「本日は、2011国際森林年記念「サミット記念の森」植樹のつどい、洞爺湖町民植樹祭の開催に当たり、このように大勢の皆様方のご参加を賜りまして厚く御礼を申し上げます。「サミット記念の森」は、「北海道洞爺湖サミット」開催を記念しまして、地球温暖化防止に果たす森林の役割を体感することができる場として、道におきまして洞爺湖町のご協力を頂き、平成21年6月に設定をしました。この森では、毎年、洞爺湖町をはじめ多くの道民の皆様の参加を得まして、春には植樹作業、初夏には下草刈り作業を行い、これらの体験活動を通して、地球温暖化防止などの環境保全に対する森林の役割の重要性について、理解を深めてきたところですが、この森での活動は、本年が3ヶ年計画の最終年となります。これまで、多くの皆様のご参加を頂き、二酸化炭素吸収能力の高い新種のマツでありますクリーンラーチやトドマツ、カラマツ、シラカンバの4種類、計820本の苗木の植樹と草刈り作業を実施してきたところです。最終年の今年は、植栽樹種は昨年同様の4種類、計800本を植えて頂く予定ですが、皆様には、怪我のないよう周囲には十分注意され、楽しく植樹作業を行って頂きたいと思います。最後になりますが、「サミット記念の森」の設定、植樹のつどいの開催に当たり、多大なご協力を頂きました洞爺湖町の真屋町長をはじめ、職員の皆様、町民の皆様、さらには、植樹のつどい等に積極的にご参加を頂きました多くの道民の皆様に心から感謝を申し上げ、開会に当たっての言葉と致します。本日は、よろしくお願いいたします。」の挨拶がありました。 

 ○ 歓迎のあいさつ

歓迎のあいさつ
歓迎のあいさつ

 洞爺湖町 真屋町長
洞爺湖町 真屋町長

 洞爺湖町の真屋町長から「今日は、朝早くにもかかわらず、遠路からたくさんの方々にご参加をいただき、皆様を心から歓迎するところでございます。また、多くの町民の方々にもご参加をいただきまして、誠にありがとうございます。北海道洞爺湖サミット開催後、平成21年からこの「サミット記念の森」の植樹がはじまったところでございますが、今日の植樹が終了しますと、約1,600本の植樹になると聞いております。私どもの町は明治43年から平成12年の間に4回の噴火活動を繰り返してまいりました。噴火後は、直ちに復旧・復興に取り組み、今の町があるわけでございますが、この度、東日本大震災で未曾有の被害を受けたところでございますが、お亡くなりになった方々につきましては、心からお悔やみを申し上げるところでございます。また、被災地では、避難生活をされている方々、あるいは、被災を受けた方々に対して、心からお悔やみを申し上げるところでございます。私どもの町も噴火災害の後、数々のイベントを開催させていただいております。昨年はちょうど温泉が誕生いたしまして、100年目を迎える節目の年となりましたので、いろいろな事業を展開させていただきましたが、本日もわたしどもの町にあります入江高砂貝塚公園において、子供達が縄文まつりを開催予定しております。今日は、みなさんの熱意で天気もこのように青空になりました。どうか怪我のないように植樹をしていただきたいと思います。また、本日は、植樹の後、洞爺の財田地区に行くと聞いております。この財田地区は、洞爺湖町の中では、本当に自然が残っている素晴らしい景観のところでございます。どうぞ、洞爺湖町の良さを満喫していただきたいと思います。今日は、急斜面の場所での作業もありますので、どうぞお怪我のないように楽しい一日を過ごしていただきたいと思います。本日は、本当にありがとうございます。」の歓迎のご挨拶がありました。

 植樹指導
  ○ 植樹方法等の説明

 植樹作業を行う前に、胆振総合振興局森林室豊浦事務所の大森主査、工藤専門普及指導員、豊浦町在住の指導林家 佐々木敏男から植樹の仕方や注意点について参加者に指導を行いました。

植樹指導のようす
参加者への植樹指導のようす
胆振総合振興局森林室豊浦事務所
大森主査、工藤専門普及指導員
指導林家 佐々木敏男

 代表者による記念植樹

 参加者全員による植樹作業の前に、代表者6名による記念植樹を行いました。
(洞爺湖町 真屋町長、北海道胆振総合振興局 石橋局長、北海道水産林務部森林環境局 中島局長、洞爺湖町内の子ども3名)

 記念植樹のようす
植樹のようす
苗木:クリーンラーチ

植樹後の記念撮影
植樹後の記念撮影
洞爺湖町 真屋町長と町内の子ども

 植樹のようす
植樹のようす
苗木:クリーンラーチ

 植樹後の記念撮影
植樹後の記念撮影
胆振総合振興局 石橋局長と町内の子ども

 記念植樹のようす
植樹のようす
苗木:クリーンラーチ

 植樹後の記念撮影
植樹後の記念撮影
北海道水産林務部森林環境局 中島局長と
町内の子ども

 代表者記念植樹に参加してくれた洞爺湖町内の子どもと記念撮影

記念写真
向かって左から篠原町議会議長、石橋局長、町内の子ども3名、真屋町長

 

 参加者全員による植樹作業

  ○ 合計800本の植樹作業
    (クリーンラーチ200本、トドマツ200本、カラマツ200本、シラカンバ200本)

 参加者はスコップやクワを使って土を掘り起こし、足でしっかりと踏み固め、1本1本丁寧に植樹を行っていました。
 昨年の倍の本数にもかかわらず、時間内に植樹を終了することができました。けが人もなく無事に植樹作業を終了することができたことが何よりでした。
 ご参加いただきました参加者の皆様、大変お疲れ様でした。

▼ 植樹作業のようす ▼

参加者全員による植樹作業のようす

参加者全員による植樹作業のようす

参加者全員による植樹作業のようす

参加者全員による植樹作業のようす

参加者全員による植樹作業のようす

参加者全員による植樹作業のようす

 ※植樹が終了した会場の状況

植樹後のようす
手前側は、トドマツの苗木

※植樹が終了し、開会会場にもどる参加者のようす 

植樹作業が終了して、会場にもどる参加者のようす

※植樹作業終了後、(株)北海道ポッカコーポレーションさんから、植樹のつどいの後援としてご提供いただきましたカートカン製のお茶を参加者全員に配付しました。

カートカン飲料

▼ カートカン飲料を参加者へ配付しているようす ▼

カートカン飲料を参加者へ配付しているようす

カートカン飲料を参加者へ配付しているようす

※ 植樹作業終了後、洞爺財田自然体験ハウスへバスで移動

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 昼食

 洞爺財田自然体験ハウス(体験学習室)で昼食を食べた後、散策するコースの説明や注意事項等のレクチャーを受けてから、自然散策に出発しました。

財田自然体験ハウス内

 施設見学及び自然散策等

  洞爺財田自然体験ハウスの施設見学及び財田遊歩道のガイドウォークを楽しんでいただきました。

○ガイド:洞爺財田自然体験ハウス 自然体験業務担当:鈴木さん

ガイドウォークのようす
財田湖畔遊歩道(フットパス)ガイドウォーク

 洞爺財田自然体験ハウス
洞爺財田自然体験ハウス

 閉会(14:00)

道庁赤レンガ発着の送迎バスに乗車する参加者のようす
閉会後、道庁赤レンガ発着の送迎バスに乗車する参加者

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 平成21年度の開催報告(参考)

   マーク (平成21年6月13日()開催)「サミット記念の森」のつどい開催報告
   マーク (平成21年7月25日()開催「サミット記念の森」下刈り体験ツアー開催報告

 平成22年度の開催報告(参考)

   マーク (平成22年4月24日(土)開催)2010「サミット記念の森」植樹のつどい開催報告
   マーク (平成22年6月12日(土)開催2010「サミット記念の森」下刈り体験ツアー開催報告

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

→ 「北海道水産林務部 森林環境局 森林活用課 サミット記念の森」のページにもどる

→ 「北海道水産林務部 森林環境局 森林活用課 北のみどり情報BOX」のページに戻る 

→「北海道水産林務部 森林環境局 森林活用課」のページに戻る

→「胆振総合振興局 産業振興部 林務課 みどりの環境づくり」のページに戻る