スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 林務課 >  林地開発許可制度


最終更新日:2016年9月05日(月)

林地開発許可制度について


 森林はきれいな水や空気を育むだけでなく、土砂の流出などの災害を防いだりと多くの重要な機能を有しており、私たちの安全で快適な暮らしに欠かすことのできない大切なものです。
 このような森林のはたらきが無秩序な開発によって脅やかされることのないよう定められたのが「林地開発許可制度」です。
 林地開発にはあらかじめ知事の許可が必要となります。

1 規制の対象となる森林

 対象となる森林は北海道知事が樹立した地域森林計画の対象となる民有林で、保安林や保安施設地区及び海岸保全地区に指定されていない森林です。
※国有林や保安林を除くほとんどの森林が対象となります。

2 規制の対象となる開発行為

 土石等の採掘、林地以外への転用など、土地の形質を変える行為によって1haを超える開発行為。

開発行為の具体例

開発行為の目的 開発の例
工場・事業場の設置 太陽光発電施設、産業廃棄物処理場、資材置き場、工業用地、駐車場、土捨場の造成など
宿泊施設・レジャー施設の設置 ホテル・旅館、ゴルフ場、キャンプ場、オフロードコース、遊園地、動物園など
農用地の造成 畑地、草地、飼料畑、牧場、一時放牧地など
土石等の採取 土砂、砂利、岩石等の採取

林地開発1 林地開発2

3 林地開発の許可基準

森林が有する公益的機能が損なわれないよう、次の4つの基準が達成された場合に限り、開発行為を許可します。
適切に森林を残し、周辺の環境が急変しないような開発計画など十分な配慮が必要です。

災害を防ぐ働き

 森林が持つ災害を防止する働きが開発によって失われ、土砂の流出や崩壊などの災害が発生するおそれがないこと。

水害を防ぐ働き

 森林が持つ水害を防止する働きが開発によって失われ、洪水や高潮による被害を発生するおそれがないこと。

水を育むを防ぐ働き

 森林が持つ水源かん養の働きが開発によって失われ、水の確保に著しい支障をきたすおそれがないこと。

環境を守る働き

 森林が持つ環境を保全する働きが開発によって失われ、環境を著しく悪化させるおそれがないこと。

4 許可申請及び問合先

 林地開発の許可申請から完了までに必要な書類や手続きなど
 胆振総合振興局産業振興部林務課森林保全係
 電話:0143-24-9807

このページに関する連絡先
胆振総合振興局産業振興部林務課
森林保全係
電話0143-24-9807