スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 林務課 >  林道事業について


最終更新日:2016年9月05日(月)

路網の整備について

 間伐や造林、森林の維持管理を行なうためには、林業機械やトラック等の車両が通行できる道路(林内路網)が必要不可欠です。
 林内路網とは、「林道」、「林業専用道」、「森林作業道」などのことを言います。

林道・・・森林内に開設された幹線道路
林業専用道・・・森林施業のために作設する簡易な構造の道路
森林作業道・・・主に林業機械が走行し、集材のため高密度に配置された道路

林道

林業専用道

林道

林業専用道


 効率的な森林施業を実施していくため、森林の状況に応じて林道、林業専用道、森林作業道を効率的に組み合わせた路網の整備を進めています。
 林道は森林整備だけではなく、農山村地域の生活道路、森林レクリエーションや災害発生時の避難路や迂回路など様々な役割があります。
管内の林内路網密度はha当たり12.4mで、目標林内路網密度18.6mに対して、目標達成率が66%であり、今後も環境保全に配慮した工種・工法を採用するとともに、地域住民のニーズに応える自然にやさしい林道づくりを進めていきます。

このページに関する連絡先
胆振総合振興局産業振興部林務課
森林整備係
電話0143-24-9806