スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 胆振農業改良普及センター >  次世代農業機械研修会を開催


最終更新日:2015年2月04日(水)


次世代農業機械研修会を開催


2015 次世代農業機械研修会を開催しました

 1
20日(火)、洞爺湖町農業研修センター「とれた」で約40名の参加を得て、次世代農業機械研修会を開催しました。
 
札幌から(株)岩崎の精密農業チームリーダー金子和真氏を迎え、「ここまで来た!!農業分野におけるITイノベーション」と題して、GPSガイダンスシステムとオートステアリング、窒素センサーを用いた可変施肥システム等、先端技術についての講義をしていただきました。
 
 
また、十勝管内本別町で小麦を主体とした120haの畑作経営を行っている前田茂雄氏からは、先進技術を用いた精密農業の実践事例や、実需(パン屋さん)や消費者、地域の子どもたちも巻き込んで畑に親しむイベント等の取り組みを紹介していただきました。
これらの技術が、今後のいぶり農業の持続的な発展のための参考となれば幸いです。

 次世代農業機械研修会
(株)岩崎による「レーザー式生育センサー」実機の演示紹介

 次世代農業機械研修会次世代農業機械研修会
本別町 前田氏は地域農業の若きリーダー

戻る