スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2018年7月17日(火)

 

09 健康づくり


             健康づくり

 

東胆振圏域 健康づくり事業行動計画

  ・工事中

 

たばこ対策事業

世界禁煙デー・禁煙週間・禁煙ポスター懸賞募集について

 

北海道のたばこ対策について 【北海道庁】

    北海道の喫煙の状況 、 北海道の取り組み状況

    平成28年度受動喫煙防止対策に関する施設調査結果等

    喫煙が及ぼす健康への影響について など

 

   ○未成年者の喫煙防止について 【北海道庁】

    未成年者喫煙防止講座など

   

   ○たばこをやめたい人に対する禁煙支援体制の充実について 【北海道庁】

    「北海道医療機能情報システム」による、禁煙治療医療機関の検索等

 

 健康増進法の一部を改正する法律案 概要(受動喫煙対策) 【厚生労働省】   


    

 ◎おいしい空気の施設推進事業

  ・登録募集 

  ・登録施設一覧・各種申請様式 

 

 

栄養成分表示推進事業

 

  ・登録募集 

  ・登録施設一覧・各種申請様式 


栄養情報提供について

  ・目的

     栄養管理情報提供書は、支援対象に対し、継続かつ一貫した食事療養支援を図る

  施設間での情報交換ツールとして、広く活用いただものです。   

   ・各種様式   ※様式は、こちらです。

   

  次のとおり公開していますので、情報提供書やり方がわからない方や

 何を提供書として記入したら良いかわらかない方等に、例示としてご活用ください

 

   ○同意書

   支援対象者から栄養情報転院・転所・市町へ提供して良いか同意をいただく様式です

 

   ○栄養管理情報提供書

   支援対象者の栄養情報を転院・転所先・市町へ提供する様式です

 

   ○栄養管理情報提供書(返書

   転院・転所先・市町から退院・退所返書する様式です

 


特定給食施設等(健康増進法関係)

〇特定給食施設(健康増進法第20条第1項)

 1回100食以上、又は、1日250食以上の食事を供給する施設

〇多数給食施設(多数給食施設設置等届出要綱)

 1回50食以上、又は、1日100食以上の食事を供給する施設

1 特定給食施設等の届出について

特定かつ多数の者に対して継続的に食事を供給する施設は、所管する保健所へ届出を行うことが必要です。

(1) 特定給食施設等を開設する場合

  特定給食施設等を開始、又は、再開した時には、開始から1ヶ月以内に届け出を行うこととなります。

    ※ 給食施設の平面図を添付してください。

(2) 開始届出書から変更がある場合

   変更が生じた時には、変更から1ヶ月以内に、その旨を届け出ることとなります。

   ※ 変更届が必要な変更事項
     給食施設の名称や所在地の変更、設置者の変更、管理栄養士及び栄養士の員数の変更等
     詳しくは保健所までお問合せください。 

(3) 給食を廃止(休止)した場合

  給食を廃止、又は、休止した時には、1ヶ月

 ※ 休止届が必要事項
    改築等により、一定期間給食を休止し外部搬入する時など
    給食を再開する時には、給食開始届(第2号様式)が必要となります。

◆様式

 〇 特定給食施設 (1ページ:開始届出書、2ページ:届出事項変更書、3ページ:廃止(休止)届出書)

 〇 多数給食施設 (1ページ:開始届出書、2ページ:届出事項変更書、3ページ:廃止(休止)届出書)

2 給食施設の管理運営状況等の報告について

特定給食施設の管理者の方は、毎年6月の状況について、保健所長が指定する日までに提出してください。

(1) 提出時期

    毎年度 9月末まで

(2) 提出先

   電子メール(tomakomaho.soumu1@pref.hokkaido.lg.jp)により、提出願います。

   電子メールがない施設については、FAXもしくは郵送にて、提出をお願いします。

 ※ 極力、電子メールでの提出について、ご協力をお願いします。

 ※ 提出先のアドレスについて、@以降が全角になっています。

    送信の際は、@以降を半角に変更し、送信願います。

(3) 提出様式

   施設の種類によって、様式が異なりますので、ご注意願います。

 ◆ 学校・学校給食センター    ※幼稚園は、児童福祉施設用の様式で提出願います。

 ◆ 病院・介護老人保健施設>

 ◆ 老人福祉施設・社会福祉施設・自衛隊・矯正施設・その他

 ◆ 保育所・認定子ども園(幼稚園型含む)・児童養護施設等

 ◆ 事業所・寄宿舎


栄養成分表示 (食品表示法関係)

 平成27年4月1日に食品表示法が施行され、容器包装に入れられた消費者向けに販売される加工食品及び

添加物は、原則、栄養成分表示が必要となります。

  経過措置:平成32年(202031日まで)

 

 該当する方は、消費者庁から関係する通知ガイドラインご確認ください。

   消費者庁ホームページ

 

○ 表示内容

◆ 表示の名称

 必ず「栄養成分表示」と表示します

 

◆ 表示項目

 熱量」、「たんぱく質」、「脂質」、「炭水化物」、「食塩相当量」量を表示します。

順番は、上記のとおりの順番になります。

 

◆ 表示単位

 100グラム、100ミリリットル、一食分、一包装などの「食品単位」当たりの量を表示します。

 食品単位が一食分である場合は、一食分の量を併記します

 

 文字の大きさ

 原則、8ポイント以上表示します。

 表示可能面積が150㎠以下の場合は、5.5ポイント以上表示します。

   

 最小表示の位  

 位を下げる場合その下のを四捨五入します。

 表示項目の最小表示については、消費者庁からの通知「食品表示基準について」に記載されていますので、

ご確認ください。

 

 表示する値  

 分析値、計算値、参照値、併用値いずれかにより値を算定します。

 値については、許容差±20が認められると推定される場合は、「この表示値は、目安です。

「数字は、日本食品標準成分表を用い表示した、推定値ですと表示します。

 

表示する値は、必ず、算定根拠となる資料を、保管してください。

    

このページに関するお問い合わせ
北海道胆振総合振興局保健環境部苫小牧地域保健室(苫小牧保健所)
企画総務課企画係