スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 苫小牧地域保健室 >  HTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルス1型)抗体検査の実施について


最終更新日:2017年4月04日(火)


HTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルス1型)抗体検査の実施について


 
HTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルス1型)抗体検査について
 
 HTLV-1は、「ヒトT細胞白血病ウイルス1型」というウイルスです。
 日本では、約108万人の方が感染している推計されています。
 
 このウイルスは、感染しても潜伏期間(症状がでない期間)が長いため、特別な症状がない場合が多いのですが、約5%の方が、成人T細胞白血病(ATL)を、約0.3%の方がHTLV-1関連脊髄症(HAM)、0.1%がHTLV-1ぶどう膜炎を発症すると推定されています。
 
 HTLV-1ウイルスの感染経路は、母子感染(母乳による感染)が多いといわれていますが、性行為や血液に触れることでも感染します。
 
 平成22年秋から、妊婦検診の検査項目に加えらています。
 また、献血で感染が分かった場合には、1999年以後、対象者に告知されるようになっています。
 

  ★苫小牧保健所で行っている検査について★

1.検査内容 

  血液検査・・・5mlの血液を採取し、HTLV-1抗体の有無を調べます。                                              

        *検査結果は、約2週間後にお伝えできます。                                                                                  

   2.検査対象者

(1)妊婦一般健康診査で、抗体検査を受けたことがない方                                 (2)医療機関等で、抗体検査を受けたことがない方

 3.検査日と時間

  平成29年度 検査日程  

  *事前に電話でご予約ください。

   4.料金                                         

  無料

5.検査の申し込み・お問い合わせ

 検査を申し込まれる方は、検査日の2日前までに電話で予約をしてください

 

●HTLV-1に関する

     相談、お問い合わせは・・・

 

 北海道胆振総合振興局保健環境部苫小牧地域保健室(北海道苫小牧保健所)

    担  当   健康推進課 健康支援係
    住  所   苫小牧市若草町2丁目2番21号
    電  話  (0144)34-4168
    受付時間   平日(月~金曜日)9:00~17:00
電話

 

 

★さらに詳しいHTLV-1に関する情報★

 
 ○厚生労働省「HTLV-1について」   
 

                                                      ・