スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 出先 > 早来食肉衛生検査所 >  早来食肉衛生検査所(調査研究)


最終更新日:2019年2月18日(月)


早来食肉衛生検査所(調査研究)


調査研究
                                                   ホームヘ

 

 食肉検査や食鳥検査に関わる調査研究を行い、これらの成果について学会
 等で発表した演題名の紹介です。              

                                                  

    平成27年度

     ●と畜場で発見された豚丹毒菌Erysipelothrix rhusiopathiaeに関する分子疫学調査

     ●ブロイラーから分離したサルモネラの薬剤感受性及び分子疫学的解析    

            ● 食肉加工施設(生食用含む)従業員の衛生意識向上の取組み(事例報告) 


    平成26年度

     ●と畜場の汚染指標菌として腸内細菌科群を用いる方法の検討

     ●北海道の敗血症豚由来Streptococcus suisに関する分子疫学調査     


    平成25年度

      ●ブロイラーの筋変性(浅胸筋)に関する発生要因の模索

     ●豚疣贅性心内膜炎から分離したStreptococcus suisの薬剤感受性及び分子疫学的解析   

  

    平成24年度

     ●と畜場で処理された牛の舌の汚染状況及び処理方法の検討  

    平成23年度

     ●枝肉の洗浄消毒効果検証に関する考察

                                                 
    


                                              
                                                                                      
                                                                                    ホームヘ