スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 出先 > 早来食肉衛生検査所 >  早来食肉衛生検査所(精密検査)


最終更新日:2019年2月13日(水)


早来食肉衛生検査所(精密検査)


                                                                   食肉検査のトップページへ戻る▲      ホームヘ
精密検査

  食肉検査や食鳥検査では、主に視診、触診、検査刀を使用した切開検査などで    疾病の有無を調べますが、必要に応じて試験検査室でより詳しい検査を実施し、    それらの結果から食肉に適しているかを総合的に判断します。
  精密検査には、『微生物学的検査』、『病理学的検査』、『理化学的検査』が    あり、いろいろな検査用の機器、器具、薬品などを使用して検査をします。
  精密検査を行っている間の当該家畜の枝肉、内臓、頭部などは、専用の冷蔵庫       
(保留用冷蔵庫)で保管され、食肉として流通することはありません。

    試験検査室での精密検査について紹介します。

    ■ 微生物学的検査

     微生物学的検査の写真               
    

主に細菌による病気が疑われるものについて、家畜の内臓(心臓、肺、肝臓、腎
臓、脾臓など)や筋肉、リンパ節などから、細菌を培養したり、遺伝子の分析を行ったりして、原因となった細菌を調べる検査です。

                                         

    ■ 病理学的検査

          病理学的検査の写真   

  腫瘍、寄生虫病、炎症などが疑われるもの
  について、家畜の内臓(心臓、肺、肝臓、腎
  臓、脾臓など)や筋肉、リンパ節などの組織
  や細胞の状態について顕微鏡で観察し、
  診断する検査です。


 


 

    ■ 理化学的検査

       理化学的検査の写真
    
    

  家畜の内臓(心臓、肺、肝臓、腎臓、脾臓
  など )や筋肉、血液などから、
血中代謝
  産物の異常(黄疸や尿毒症など )や残留
  有害物質の有無を測定する検査です。      

   

                            
                                        食肉検査のトップページへ戻る▲    ホームヘ